介護タクシーについて

介護タクシーについて

 付き添いの方お一人では不安・・・

家族が仕事や急用で付き添えなくなったなど、困ったときには「はやぶさ」にお任せください。

リフト付きのため、車椅子のままラクラクご乗車いただけます。

介護保険による制限がなく、ご利用できます。

介護タクシーとは
 

一般に介護タクシーと呼ばれていますが、実はこの名称は正式名称ではなく、道路運送法第4条に定める一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)が正式名称とされています。

 同じようなものとしてNPO法人等が行う福祉有償運送事業(道路運送法79条の2)があり、これも介護タクシーと呼称するのでは混同しやすく紛らわしいため、当サイトにおいては、一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)のことを便宜上、介護タクシーと呼び使用していきます。

 介護タクシーは、街中や駅でよく見かける旅客対象者(お客様)に限定がない法人タクシーや個人タクシーと違い、以下のとおり、旅客対象者(お客様)が限定されています。

 介護タクシーの旅客対象者:
 (1)介護保険法にいう「要介護者」「要支援者」、身体障害福祉法にいう               「身体障害者」
 (2)上記(1)のほか、肢体不自由、内部障害(人工透析と受けている場合               を含む。)、精神障害、知的障害等により単独での移動が困難な者であ               って、単独では公共交通機関等の利用が困難なもの
 (3)消防機関又は消防機関と連携するコールセンターを介して、患者等搬送               事業者による搬送サービスの提供を受ける患者

 上記以外のお客様を乗せることはできないため、許可の条件として、一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送限定)と限定許可になります。

 

サービス

 

車両は大型です。

ハイエースリフト車、車椅子2台orストレッチャー・車椅子各1台(同時乗車できます)

・病院送迎・お買い物・お墓参り・観光行楽など。

・どんな目的にもご利用いただけます。

・介護タクシーの業務は、「ドアtoドア」が原則業務となります。

・建物内での介助や作業等が発生する場合は、運賃・料金に含まれていません。

・作業をご希望される場合は、申し付けて下さい。